本文へスキップ

資金調達支援、消費税対策、マイホームの節税策、「生前贈与」による相続対策のご相談は三島会計事務所へ

TEL. 045-534-7267

〒221-0052 横浜市神奈川区栄町5-1-708

相続対応 −事例 その2−

「生前贈与」による早めの財産移動

制度の概要

利用制度:相続時精算課税の特例

相続が発生する前に財産の贈与を行い、相続発生時に税金の精算を行う制度です。

◇申告期限までに、贈与者ごとに特例選択の届け出を行うことが必要です。
◇届出を行った贈与者については、特例の撤回はできません(暦年課税に戻れません)。
贈与税の申告は、期限内申告(翌年3月15日)が必要となります。
◇贈与者一人につき、生涯2,500万円の特別控除額があります。
 2,500万円を超える贈与については20%の贈与税が課税されます。
◇贈与時に納付した贈与税は、相続発生時の相続税と精算されます。
贈与者は、60歳以上の父母及び祖父母に限ります。
受贈者は、20歳以上の贈与者の推定相続人である子(死亡時は孫)及び孫に限ります。
◇相続税の「小規模宅地の評価特例」は利用できません。
◇贈与により不動産を取得した場合には、登録免許税や不動産取得税がかかります。

事例

◇父親が高齢となったGさんは、相続について悩んでいました。
◇将来は、現在父親と同居している実家を引き継ぎたいと考えています。
◇兄弟がいるため、将来の相続発生時でのトラブルが心配です。。
◇父親から実家の土地建物を贈与してもらいたいのですが、贈与税が高額です。
 そこで高額な贈与税を相続時まで繰り延べる「相続時精算課税」
 利用することになりました。
登録免許税や不動産取得税はかかりますが、早めに贈与登記をすることにしました。
◇相続発生時には、既に所有権が確定しているのでトラブルの回避ができます。

準備する書類等

◇受贈者の戸籍の謄本又は抄本
◇贈与者の戸籍の謄本又は抄本、住民票又は戸籍の附票の写しなど
◇贈与財産の価額を証明する書類
◇贈与契約書

申告書等

◇贈与税申告書 第一表
◇贈与税申告書 第二表(相続時精算課税の計算明細書)
◇相続時精算課税選択届出書

概要図




その他の贈与の特例

制度の概要

制度名:暦年課税
□細かく贈与(一人毎年110万円非課税)

制度名:配偶者からの贈与の特例
□結婚20年目の夫婦間贈与
 ・自宅の土地建物または自宅購入資金2,000万円非課税
 ・毎年110万円非課税も合わせて使えます

制度名:住宅取得の際の贈与税の特例
□20才以上の子や孫へ自宅購入資金贈与
 ・1,000万円万円非課税
 ・省エネ住宅は1,500万円非課税

制度名:贈与税の非課税
□祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合
 ・1,500万円非課税
□祖父母などから結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合
 ・1,000万円非課税

バナースペース

三島会計事務所

〒221-0052
横浜市神奈川区栄町5-1-708

TEL 045-534-7267
FAX 045-534-7268